一年中暑いフィリピン、セブでのお勧め飲み物はなんと言ってもシェイクです。

マンゴー、ウォーターメロン(スイカ)、バナナ、アップル、ライチなど色々なシェイクを気軽に注文することができます。

WG10

この写真にあるシェイク屋さんは「Thirsty」という、ショッピングモールの中なんかによく入っているチェーン店のシェイク屋さんです。フィリピン人もよく購入している程、美味しいシェイクが楽しめます。注文する際は、好みによって「レスシュガー」と言うと通常スプーン2杯の砂糖が1杯になるので、甘すぎるのが苦手な方は、事前に言うといいでしょう。レギュラーサイズのシェイクは55ペソです。

IT-parkにもこのお店、というかジューススタンド店があるので私もよく買いに行っています。普段はマンゴーやバナナといった定番のシェイクを注文しているのですが、違った味を飲みたいと思い、ドリアンシェイクを注文することにしてみました。

果物の王様「ドリアン」といえばどんなイメージをお持ちですか?ちなみに、こやつです。

shop3

すさまじく強烈な臭いをもつこの果物。10年前、タイでドリアンを食べることにトライして、口に入れた瞬間、ゴミ箱にはき捨てたあのドリアン。シェイクなら大丈夫かもと錯覚し、挑戦してみました。店員さんがシェイクをつくってくれている最中、すでに臭ってくるドリアン。臭いです。。そして、出来上がってシェイクを飲んだ一口目。臭い。。しかしながら、飲める味です。美味しく飲めるかどうかは、人それぞれの好みですが、飲めば飲むほど麻痺してきたのでしょうか、少しづつ美味しく感じるようになっていました。最終的にはレギュラーサイズ(65ペソで他の味より10ペソ高い)のドリアンシェイクを飲み干しました。けれどやっぱり、ドリアン以外のシェイクを今後は注文しようと思います。フィリピン留学されている方で、興味のある方はどうぞお試しください。

セブでシェイクを飲むなら「Thirsty」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です