日本人はみんな目標が高すぎますよね-フィリピン語学留学

体験談

「日本人はみんな目標が高すぎますよね」

(西アフリカで青年海外協力隊後フィリピン語学留学した三郎くん)

なんでフィリピン語学留学だったの?(笑)

あっきー

オレが言うのもなんだけど、なんでフィリピン語学留学だったの?(笑)

三郎

最初はダイビングだったんですよ。その時に街についていろいろ調べている仲で、フィリピンで語学留学できるんだって分って。それでずっと寝かせてたんですけど、英語の語学力を伸ばす必要ができた時にオーストラリアなんかと共に検討国に入りました。

あっきー

その中でなんでフィリピンにしたの?

三郎

値段が圧倒的に安くって、北アフリカのジブチに二年住んでボランティアをしていた自分の経験から途上国でも大丈夫だなって思って。前来たときにいい所だったですしね、ダイビングもできるし。

あっきー

実際観光と違って留学生活してみてどうだった?

三郎

生きるのに力を使わなくて楽だったですね。自分はジブチ、エチオピア、韓国、フランス、タイ位しか行った経験ないですけど、海外って生活するだけで疲れるんですよ。観光地化されてるという事は、ぼられるとかはあるかもしれませんが、治安とかもメシとかもアジアなんで大丈夫で問題なくて楽でした。

あっきー

学校とか英語に関して言うと、来る前と来てからの意識の違いは?ほめなくていいから

三郎

途上国英語だなっていうのは確かにあって。まぁ今後も国際的にやっていこうと思っているので、そんなの問題じゃないし、むしろそっちじゃないと困るから。それにネィティブの授業もあるし、発音は問題ないかなって思った。でもネィティブの授業はリスニングの勉強にはなるけど、正直文法により過ぎて退屈だったかな。

あっきー

あれ、人数増えれば増える程教科書によっていかないといけなくなるんだよね。オレはディスカッションができる1対4が好きだけど。

三郎

そうなんですよね、教科書にはそってるものの良い脱線のしかたしますし、おもしろいかったですね。

あっきー

オレは学者じゃないから、何をやれば一番いいんだとは言い切れないんだけど、オレのなかでは英会話を身につけるにはしゃべってなんぼ、ディスカッションしてなんぼっていうのがあって。

三郎

そうですね。その時に英語で考えて口にすぐわーわーって盛り上がって出すみたいなんがよかったです。例えば結婚ってテーマだったら、みんな年頃だから食いついてきて「お前はなんでできないんだ?」とか言われて「よけいなお世話だよ!(笑)」みたいな。やらされてるというか楽しみながらできたんですよ。あっ、ここの学校ではこういうやり方なんだなって早い段階で思ったりして。

TOEICでみるとどうなの?伸びたの?

試験マニアの三郎君に聞いてみましょう